トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品カテゴリ

  
 happyshibayama Pinterest

 

 

 

 

 


JOHNNY LEATHERで使用される皮革素材



UK SADDLE
UKサドルとは馬具用に使用する為に用いられた剛性の高い牛革。

イギリスのタンナーがなめした革で
この革は伝統のタンナーでしか良いものが作れないとされている。

牛革の皮革にナチュラルタンニンなめしを施し、蜜蝋、タロウ、植物性油などのワックスを
最終段階で革の表面に塗り込むという技法でとても時間を費やして作られる。

表面の白い粉はBloom(ブルーム)と呼ばれ、使用する事でさらに浸透し深みを増す。

色艶と光沢感溢れる素晴らしい経年変化が味わえる革。
有害物質など使用していないので環境にも優しい。
 

 



LISCIO
リスシオとは革製品の本場イタリアで最高級とされる牛革。

イタリア語で滑らかという意味でもある。
植物性の染料でゆっくり時間をかけて作られた深い色合いが魅力。

リスシオは成牛の肩の部分を使用し、放牧中にできたバラ傷や首のトラ(しわ)が
完全に隠れていないものもあるが、素材の味として活かすことで唯一無二の個性ある表情を出している。

使い込めば使い込むほどに植物性フルタンニンなめしのナチュラル感溢れる本当の良さが味わえる。






BUTTERO
ブッテーロとはトスカーナ州にある伝統的な技術により手間をかけ
ゆっくり仕上げられているフルベジタブルタンニングレザー。

革の香り、独特な柔らかさの中にある張り、耐久性のどれをとっても最高級のオイルドレザー。

ブッテ−ロ独特の美しい深みのある色味の変化が人気の理由。
牛一頭からわずかしか取れないため希少価値も高い。

世界各国の人々から支持されている革でもある。






TOCHIGI LEATHER
栃木レザーとはミモザの樹皮から抽出されたタンニン剤を使用。

日本の風土に合った加工法でじっくり時間をかけてなめされた牛革。

1ヵ月半もの時間をかけなめし上げた最高級の革に充分な油脂を加えた。
20〜25の工程を経て作られた革はその後、伝統の厳しい目をこえて商品へ。

日本の匠が丹精こめて製造した完成度の高い革は使用する人の手に馴染み使うほどに味わいを増す。

量産型の革にはない強度はウォレットにも最適。

 

革製品のメンテナンスについて

革製品の適切なメンテナンス方法を知ることで革本来の持つ深い味わいをより楽しんでいただけます。

まず一番重要なことが、革の繊維に入り込んでしまった汚れを排除することです。

皮革の表面には目には見えない無数の毛穴が存在します。そこへ詰まった汚れをブラッシングで排除します。



ブラシは馬毛の専用のものを使用します。

オイルなどを補給する場合は必ずこの作業を終えてからにしてください。

*高級皮革素材は元々十分な油分を含んでいるため冬場などの乾燥しているなと感じた時に補給をする程度で問題はありません。補給をする時はできる限り純度の高いオイルを使用することをお薦めいたします。




油分補給の後はコットンクロス等で空拭きをしてください。

シンプルですがこれらのお手入れでご愛用なさっている革製品をより永く使用して頂けるはずですので是非参考にしてください。

何かご質問などがございましたらいつでもお気軽にご相談くださいませ。